PR

【マッチングアプリ】会った後にフェードアウトされる理由と対策

マッチングアプリ攻略
記事内に広告が含まれています。

今回はマッチングアプリでデート後にフェードアウトされてしまう原因と対策について解説をしていきます。

  • デート後、連絡がなくなった。
  • フェードアウトされないようにしたい。
  • フェードアウトされた場合の最適解は?

今回は、このような方におすすめの記事となっています。

ぜひ、最後まで読んでいただければと思います!

tanaka

〇マッチングアプリ6年

〇大学時代に初めてマッチングアプリを使用

〇最初はなかなかうまくいかない日々だったが、コツを掴み300人以上の女性とデート

〇3人の素敵な女性と交際まで発展

〇恋愛のアドバイスをした年齢=彼女いない歴の友人がアプリ開始3か月で交際、交際期間2年を経て先日結婚。

〇自分や友人の経験した成功や失敗をもとに、恋愛に悩んでいる多くの男性に有意義な記事を発信していきます!

tanakaをフォローする

会った後、フェードアウトされる理由

フェードアウトされてしまう理由として、大きく3つに分けられます。

  • イメージと違った。
  • 他に良い相手がいた。
  • デート中に気になる部分があった。

イメージと違った。

事前にメッセージでやり取りをしていた時とイメージが違ったため、フェードアウトされてしまう事が一番多いです。

主なポイントは以下の通りです。

  • 見た目(顔、身長、体型など)
  • 会話(声、テンポなど)
  • 雰囲気

全てに共通しているのは、アプリ内での情報とギャップがあったためフェードアウトに繋がります。

アプリ上と現実のギャップを減らす事と、事前に自分の情報を開示する事が対策になります。

他に良い相手がいた。

マッチングアプリは同時進行が当然です。

デートした相手もあなた以外の人ともデートしているはずです。
他の人と先に交際してしまった場合は、フェードアウトされてしまう事があるかもしれません。

他の人よりも先に相手の心を掴む必要があるため、早めに関係性を進展させていくのが対策の一つです。

デート中に気になる部分があった。

上の二つに当てはまらない場合は、デート中に気になる部分があったためフェードアウトされてしまった可能性があります。

  • 食べ方が汚い。
  • 店員への対応が横柄。
  • デリカシーがない。

このような部分が理由としては考えられます。

心当たりがある人もない人も、一度見つめなおした方が良いと思います。
成功するはずだった恋愛を細かい部分で失敗してしまうのは非常にもったいないです。

どのような状態がフェードアウトなの?

フェードアウトとは、『徐々に小さくなっていく。徐々に薄くなっていく状況』の事を指します。

恋愛においては、連絡頻度が徐々に減っていき最終的には連絡が取れなくなるような状況の事を言います。

フェードアウトされているか確認する上で重要なポイントは2つです。

  • 最低、1日1回は返信が返ってくるか。
  • 会う前と比べて返信頻度が大幅に減っていないか。

フェードアウトかどうかを確認する上で重要なのは以上の2つです。

男女問わず、スマホを一日中触らない日などほとんどないはずです。

そんな中、一回も連絡が返ってこないとなると、フェードアウトに向かってしまっていると考えていいでしょう。

また、相手が今までは返信が早かったのにも関わらず、会ってから返信が遅くなってきた場合も同様にフェードアウトの前兆と言えます。

フェードアウトされないようにする方法

フェードアウトをされないようにする方法は、非常に簡単です。

アプリと現実のギャップを減らす事

これに尽きます。

  • 見た目(顔、身長、体型など)
  • 会話(声、テンポなど)
  • 雰囲気

主にフェードアウトに繋がるギャップの要因はこの3つです。

見た目(顔、身長、体型など)

まず、見た目に関しては現実の情報を正しくアプリのプロフィールに載せる事が大事です。

ただ注意点として、マッチングする数は当然減ってしまう事になると思います。

マッチングする母数を増やすのか、会った後のギャップを減らすのかは人によって異なってくるとは思います。

プロフィール写真は、自撮りや雑な他撮りよりもしっかり撮影した他撮りの方がオススメです。
しっかり撮影した他撮りにする事で、ギャップも少なくナチュラルに盛れた写真で異性の受けも抜群です。

tanaka
tanaka

僕はプロのカメラマンに撮影してもらい、ペアーズのいいね数が50⇒500まで増えカンストしました。

まだプロカメラマン使用している人も少ないため今がチャンスです!

  • 撮影するカメラマンが全員マッチングアプリに精通してるからこそウケる写真が撮れる
  • マッチングが増えなかった場合は全額返金補償!
  • マッチングアプリ運営会社出身が代表のサービスでノウハウが豊富
  • 写真の納品枚数は全て
  • お客様に合わせて映える撮影場所の提案
  • マッチングアプリでウケる写真撮影はもちろん、代表が元アプリ会社出身だからこそ  マッチングアプリの有益なアドバイス  (どのアプリがいいか・いいねをもらうコツや・メッセージのコツ)が聞ける
  • 通常の撮影プランに当日の服装などの相談可
\ライバルたちに差をつけるなら今がチャンス/

会話(声、テンポなど)

これの対策は事前に電話をしておく事に尽きます。

デート前に電話をする事で、関係性を深化する事にも繋がります。

そのため、デートで多少の問題があったとしてもフェードアウトされにくくなるというメリットもあります。

マッチングアプリの電話については、下記の記事にまとめています。

雰囲気

雰囲気は対策がしようもないところになります。

会ってみてのフィーリングというところ大きいため、なかなか難しいです。

雰囲気に関しても、事前にメッセージや電話を重ねてお互いの価値観のすり合わせをする事で対策に繋がります。

最低でも一回は電話をしてからデートするのがオススメです。

フェードアウトされてしまったら

最後にフェードアウトされてしまった場合、どうしたらいいのかという部分についてのお話しです。

まず大前提として、僕はマッチングアプリにおいて同時進行を強く勧めています。

そのため、フェードアウトされてしまった際は別の人に移行しよう!というのが考えです。

しかし中には、『どうしてもこの人が良い!』と強く思う人もいると思いますので、フェードアウトされてしまった際の可能性のある復活方法を解説していきます。

フェードアウトからの復活は少々難しいですが、どうしても復活したい人はチャレンジしてみる価値は大いにあります。

ポイントを3つお伝えします。

  • 期間を空けない
  • 相手に得のある会話で返信を待つ
  • もう一度デートのアポに繋げる

まず、『フェードアウトされたから冷却期間を設けよう』というのは大きな間違いです。

冷却期間を設けている間に相手は普通の恋人を作ってしまうし、そもそも一回会っただけの相手は忘れらてしまいます。

相手の返信が減ってきていても、心折れずに返信を続けましょう。

次に、相手が話したいと思う話題や価値を提供しましょう。

例を挙げると、『ここめっちゃ美味しそうじゃない?今度奢るから付いてきてもらえない?』みたいな感じです。

これは奢るという明確な価値を相手に提供しています。
相手の冷め具合にもよりますが、デートが組める場合もあります。

これ以外にも、相手の趣味についての情報収集をして、相手が知らなそうな話題を返すというのも手段の一つです。

このように、会話を続ける事でもう一度恋愛のレールに戻ってくる必要があります。

最後に、なんとしてでももう一度デートまで持っていきましょう。

どれだけ小手先のテクニックを使っても、会って話さない事には復活はあり得ません。

デートの糸口は前述したような、会話からの流れで大丈夫です。

ただ、前回のデートでの問題点が残っているまま再度デートをしても逆効果になります。

そのため、デートをする際には、一度ダメだった要因を自分の中で振り返りましょう。

まとめ

今回は、マッチングアプリでフェードアウトされてしまう理由と対策について解説していきました。

今回の要点を再度おさらいしていきましょう。

  • イメージと違った。
  • 他に良い相手がいた。
  • デート中に気になる部分があった。

フェードアウトされてしまうのは、以上のような事が原因となります。

それぞれ対策をしっかりとして、良い恋愛を成就できるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました