PR

マッチングアプリはタメ口と敬語どっちがいいの?提案の仕方やタイミングについて解説します!

マッチングアプリ攻略
記事内に広告が含まれています。

マッチングアプリをしていると、タメ口の方がいいのが敬語の方がいいのか迷う事が出てくると思います。

僕の経験上からお伝えすると、結論は『タメ口の方がいい』です。

今回は、マッチングアプリにおいてのタメ口の使い方とタイミングについて解説していきます。

tanaka

〇マッチングアプリ6年

〇大学時代に初めてマッチングアプリを使用

〇最初はなかなかうまくいかない日々だったが、コツを掴み300人以上の女性とデート

〇3人の素敵な女性と交際まで発展

〇恋愛のアドバイスをした年齢=彼女いない歴の友人がアプリ開始3か月で交際、交際期間2年を経て先日結婚。

〇自分や友人の経験した成功や失敗をもとに、恋愛に悩んでいる多くの男性に有意義な記事を発信していきます!

tanakaをフォローする

タメ口がNGと言われる理由と対策

マッチングアプリでは、タメ口はNGとよく言われています。
ただ、実際にマッチングアプリで成果を出している多くの人はタメ口を使っています。

タメ口がNGと言われる理由について、見ていきましょう。

敬語を使えない人だと思われる。

マッチングアプリで敬語を使わないと、社会でも敬語を使えないような人だと思われてしまう可能性があるようです。

タメ口の使い方は、後半でお伝えしますが、最初からタメ口は僕もNGだと思います。
ただ、序盤は敬語で話して徐々にタメ口に切り替えていく方法は、仲を深めるにあたって非常に合理的だと思います。

序盤にしっかりと敬語を使って会話をしているならば、このように思われる事はありません。

急に馴れ馴れしいと思われる。

会話の中で急にタメ口を使われると、馴れ馴れしいと思われる可能性があるようです。

こう思われる可能性は2つあります。

  • 相手との関係性を見誤った。
  • 切り替え方が下手だった。

相手との関係性を見誤った。

まず、タメ口に切り替える際には、相手との関係性を考える必要があります。

今回は、マッチングアプリのメッセージでのやり取りにフォーカスしてみます。
メッセージだと相手の顔や声のトーンはわかりません。

意識するべきは、会話の頻度と相手からの質問です。

現時点では、脈ありかどうかまで意識する必要はありません。
ただ、相手が会話をしていて楽しいという状況まで持っていかないと、馴れ馴れしいと思われる可能性もあります。

切り替え方が下手だった。

ここでフェードアウトされる人も少なくないはずです。

多少テクニックが必要になるので、恋愛経験が少なかったり、対人関係が苦手な人は知らなければできない部分かもしれません。
実際に僕も恋愛経験が少なく、相手との仲を深めるのが非常に苦手でした。

切り替えが下手な人のよくあるパターンとしては、

  • 『タメ口で話しませんか?』と提案してしまう。
  • 急にタメ口で話してしまう。

などが挙げられます。

前提として、マッチングアプリにおいて『〇〇しない?』や『〇〇しませんか?』など疑問形で相手を誘うのはおすすめしません。

当然、デートに誘う時も同様です。
『〇〇行こう!』⇒『いいよ』⇒『今月土日どこ空いてる?』⇒『〇〇が空いてる!』
このくらいの軽い誘いが一番成功率が高いです。

話が脱線しましたが、タメ口においても提案はNGです。
タイミングについては、後半で解説します。

チャラい・不誠実だと思われるから

タメ口を使う事で、チャラい人や不誠実な人だと思われてしまう可能性もあるようです。

これに関しては、実際そうかもしれません。

ただ、真面目・誠実な人=モテるという訳ではないです。
皮肉なことに、チャラそうで遊んでいそうな人の方がモテるのが真実です。

実際にチャラくなる必要も不誠実になる必要もありません。

『メッセージではチャラそうなのに会ってみたら真面目そう』

と思ってもらうのが一番成功率が高いです。

タメ口でも仲良くなれるから

タメ口でも仲良くなれるのに、リスクを負って敬語で会話する必要はないという考えもあるようです。

たしかに、敬語でも仲良くなれるかもしれませんし、交際できた人はいるとは思います。
ただ僕としては、一番効率の良い方法を発信していきたいと思っています。

マッチングアプリでは、同時進行が当たり前です。
今メッセージをしている相手は、別の人ともメッセージのやり取りをしています。

敬語でゆっくり仲を深めていって、お互いの事を知っていこうというのは悠長だと僕は考えます。

実際に僕は、メッセージで仲良くなってデートの約束をした相手に、『ごめん、彼氏できた』と言われて相手が退会してしまったというケースがありました。

そのような経験もあり、僕は早い段階で関係性を深めていくために、タメ口に切り替える事をおすすめしています。

タメ口への切り替え方

タメ口へ切り替える為に意識するべきことは、

  • 切り替えるタイミング
  • スムーズに切り替えること

です。

この章では、この2つをピックアップして解説していきます。

切り替えるタイミング

正直言うと、切り替えるタイミングは明確な物はありません。
誰しも性格は違うため、絶対成功するタイミングを定義するのはなかなか難しいです。

目安として挙げるならば、

  • 話しが弾んだ時
  • 話しの区切りがついた時

この2つです。

話していて相手も楽しんでくれていそうだなというタイミングは切り替えるチャンスです。
あとは、一つの話題に区切りがついた時もチャンスです。

スムーズに切り替えるポイント

前の章でも説明しましたが、相手に『タメ口で話さない?』と聞くのはスマートではないし、女性に敬遠されるポイントではあります。
また、急にタメ口で話し始めるのも女性の印象はあまり良くはありません。

僕が実際に使っていて、女性受けの良いスマートは方法は、

【相槌からタメ口を入れていく方法】

です。

これは、違和感なく自然にタメ口を使えて、相手との距離も縮まりやすいので非常におすすめです。

例えば、

  • 『わかる!~~~ですよね??』
  • 『そうなんだ!~~~ですか??』

みたいな感じです。

このような話し方をしていると、相手も口調が崩れてくるので、それに合わせて自分もタメ口の比率を上げていく流れです。

まとめ

マッチングアプリでの、タメ口と敬語については人によって考え方は異なると思います。

ただ、実際にマッチングアプリを使用して300人近くの女性と遊んでいる僕からすると敬語だとこんなに女性と出会う事は出来なかっただろうなと思います。

今回の記事のポイントをまとめていきます。

  • マッチングアプリはタメ口の方が良い
    ⇒タメ口は仲を深めるのに最適。マッチングアプリでは、スピーディに相手との関係性を深めるのが一番重要。
  • 女性関係においては、多少チャラく振舞った方がモテる
    ⇒コミュニケーション力の高さや、女性慣れしているように見せる為に、タメ口を戦略的に使うのがオススメ。
  • タメ口への切り替えはスムーズに
    ⇒ぎこちない切り替えは悪影響。あくまでもスムーズに切り替えましょう。

タイトルとURLをコピーしました